鍼灸

イチオシ記事

肥満の人は椎間板ヘルニアになりやすい?

腰の施術

椎間板ヘルニアになる人を見ると体形に関係なく、なっているような印象を受けます。実際に痩せている人も太っている人も椎間板ヘルニアにはなる可能性があります。しかしながら、肥満の人は、比較的椎間板ヘルニアになりやすいといえるでしょう。
その原因の一つは、体重が重いことによって、身体の中心である腰に負担が常にかかっているということがあげられます。また腰というのは、背骨だけで支えているような印象がありますが、実際はそうではありません。腰周辺の筋肉や腹筋といったものも体全体を支えているのですね。
しかし肥満の人は贅肉は多いけれど、筋肉はあまりありません。そのため体重の負担がすべて背骨にかかってしまうことがあるのです。そのため背骨の負担が椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうのです。
では肥満の人はどのような生活を送るといいのでしょうか。椎間板ヘルニアになった人は、通常医師から体重を減らすことを指摘されることが多いです。それは腰にかかる負担を軽くするため。体重を減らすことは簡単ではありません。運動などを継続的に行わなくてはいけませんが、それを続けることで、減量もできる、そして筋肉を付けることもできるので、一石二鳥ともいえます。