鍼灸

イチオシ記事

椎間板ヘルニアになったら姿勢に注意して生活する

鍼

椎間板ヘルニアになったら、毎日の生活で姿勢に注意しなくてはいけないことがあります。ヘルニアとは椎間板の圧迫により突出してしまうこと。そのために痛みやしびれといった症状が出るのですね。また手術治療をすることもできますが、保存的治療をする場合は日常生活の動作、姿勢といったものを気を付けなければ、容易に再発してしまうことがあるのです。
その基本的な姿勢とは、腰をなるべく曲げないことです。腰は体の中心となるところ。そして立つ時には自然と背骨がS字になるように軽く湾曲しています。その湾曲が自然な形なのですが、過度に曲げすぎたりすると腰に負担がかかります。
また重たいものを抱えたりするときに、腰に負担がかかると椎間板が一気につぶれてしまうことがあるのですね。そのため何かを持ちあげる時には、腰だけをまげて持ち上げるのではなく、足や手などを効率的に使用して腰に負担がかからないように持ち上げる動作をすることが大切です。それを習慣づけるだけでも腰の負担が減り、椎間板ヘルニアの痛みや再発を防ぐことが可能になります。
寝ている時は腰に負担がかからないかというとそうではありません。マットレスによっては沈み過ぎるため腰への負担がかかり、椎間板ヘルニアにはよくありません。そのためマットの選択も重要です。