鍼灸

イチオシ記事

ヘルニアの一般的な治療方法と再発防止策

マッサージ

ヘルニアとは、体内のある臓器があるべき位置から逸脱した状態とされています。特に背骨におして椎間板が飛び出る椎間板ヘルニアは非常にポピュラーなトラブルです。

椎間板ヘルニアは腰痛の中でも特に痛みも強く、様々な症状を持っているため、しっかり治療をすることが大切です。

椎間板ヘルニアの治療法は、保存療法と手術療法が主になります。ヘルニアは、自然治癒することもなくはないので、保存療法から治療が進められます。すでに症状が強く出ている場合や患者の強い希望がある場合は最初から手術療法を行う場合もあります。「排尿や排便障害がある場合」には、48時間以内に緊急の手術を受けるようにガイドラインでは推奨されています。

保存療法では、特別な治療は行いませんが、痛みなどの対処として薬や痛み止めの注射を行うケースはあります。そのようにしながら運動や体重管理などを通して経過を見ていきます。

手術では、ヘルニアの部分を切除する手術や、骨を金属で固定する手術などが用いられています。

どちらのケースにしても、再発防止のためにストレッチをしたり、体重管理や筋肉トレーニングなどが必要となります。日常生活の中での動作にも十分に注意する必要があります。

ヘルニアの回復は時間がかかりますので、その間の食事や睡眠などの生活習慣は回復力を大きく左右します。できる限り健康的な生活をするように心がけましょう。