鍼灸

イチオシ記事

ニュース一覧

椎間板ヘルニアに悩んだら鍼灸治療院に通おう

ぎっくり腰を経験したことがある方は要注意です。椎間板ヘルニアになる可能性があります。ぎっくり腰は一度なると癖になりやすく、何度も続けると椎間板ヘルニアの要因となります。最初は激しい痛みを感じますが、症状がひどくなってくると痛みよりも足のしびれを強く感じるようになります。最終的には手術が必要となるので、そのようなひどい状態になる前に食い止めるようにしましょう。そのために役に立つのが名古屋にある鍼灸治療院です。
鍼灸なんて効くのだろうか、と思っている人もいるでしょう。しかし、ヘルニアの治療に鍼灸を使うのは結構一般的です。慢性的なヘルニアの痛みには健康保険が使えることからもわかるかと思います。鍼灸ではツボを刺激することによって様々な効能を引き出します。椎間板ヘルニアの際には血流を改善させるツボと筋肉を柔らかくするツボ、自律神経を整えるツボを使用します。特に筋肉を柔らかくするツボは重要で、年齢によって柔軟性が落ちやすいヘルニアへの負担を軽減することが出来ます。自律神経のツボに関してはストレスがこの病気を悪化させる要因となるので外すことは出来ません。
このように、鍼灸は椎間板の治療をするのにピッタリの方法です。名古屋には有名な鍼灸治療院がたくさんありますので、名古屋に住んでいる方は試してみてください。

椎間板ヘルニアに注意をして生活しよう

急な腰痛で動けなくなったことはありませんか。ただの腰痛なら問題ありませんが、足の下から痺れるような痛みを感じたり排便や排尿がしにくかったりする場合は椎間板ヘルニアの疑いがあります。放っておくと徐々に悪化する病気なので、そうかもしれないと感じたらきちんと名古屋の専門の機関に行くようにしましょう。
椎間板ヘルニアの治療法としては保存療法と手術療法の2つが考えられます。まず保存療法ですが、基本的に注射を使います。麻酔やステロイドを痛いところに注射することによって激しい痛みをまずは抑えます。場合によっては筋弛緩剤や消炎鎮痛剤を使うこともあります。注射によって症状が収まってきたら運動療法を取り入れます。体の一部に負担がかからないように毎日行える運動を教えてもらって筋肉を鍛えていきます。同時に、病院内では専門の器具を使って筋力を強化します。もしも、これらのことをしてもまだ痛みが引かない場合は手術療法を選択することになるでしょう。ただ、手術をすることになると回復するまでに時間がかかります。手術にならないように痛みを感じ始めたら体に気を使うようにしてください。
なお、名古屋には頼りになる鍼灸治療院がたくさんあります。名古屋で椎間板ヘルニアになった際は仕事の合間を縫って通うと治りが早くなります。

椎間板ヘルニアが発症する原因について

椎間板ヘルニアとは背中側の腰の部分にあるクッションの役割をしている椎間板というものが変形して外に飛び出してしまうことを指しています。非常に強い痛みを伴うことが多いので、ひどくなるとその部分を切除しなければなりません。
椎間板ヘルニアになる原因は大きく分けると3つあります。一つ目は老化です。椎間板は時が経つにつれてだんだん劣化してしまいます。柔軟性がなくなっていき、最終的にはクッションとしての役割を果たせなくなります。二つ目は遺伝です。生まれつきの体の作りによって腰に負担がかかりやすくなります。例えば、長身というのも大きな要因となります。三つ目は環境です。椎間板に負担がかかりやすい職業についている人ほどなりやすいです。例えば、座る動作です。デスクワークを一日中しているだけでも十分椎間板に負担をかけることになるので注意が必要です。また、重い荷物をもつときの前かがみになる動作。これも負担をかけやすいので持ち上げるときはきちんと膝をついて持ち上げるのが理想です。
このように、椎間板ヘルニアにはさまざまな要因があります。負担をかけないようにするのは当然ですが、名古屋にお住まいの方は鍼灸治療院に通うことをおすすめします。名古屋には多くの治療院があります。そのため、名古屋で働いている人は仕事帰りに気軽に通いやすいと思います。ぜひ、検討してみてください。